レコード会社は苦しい

音楽配信ではレコード会社は儲からない。


利益が出ないだけでなく、好きな曲だけダウンロードされてしまうので、
アルバムが売れなくなったのだ。


アルバムが売れないのは音楽会社にとってもアーティストにとってもかなり致命的な話で、
曲を書いても売れないのだから商売上がったり。
よって必然的にテレビ番組のタイアップや挿入歌などに活路を見出すしかなくなる。
矢沢永吉のように実力でのし上がるのではなく、
事務所とレコード会社の力で引き上げるのがスタイルになってしまった。
コストが異様にかかるようになったのである。


そう考えると、再結成ブームは納得がいく。
既に名前は十分に売れているので大々的なプロモーションは必要ない。
かつてのファンは購買力をそれなりに持っている。
さらに音楽配信に慣れていない世代。
と来れば、まだまだアルバムが売れるし、かつてのヒット曲の焼き直し版でもそれなりに採算が取れる。


新しいアルバムを製作し、
10曲の中に1,2曲だけでもかつてのヒット曲のライブ版や演奏し直し版を入れるだけでも、
その曲を目当てに3000円をポケットから出してくるので音楽業界としてはそれでOKなのである。


逆に言えば、
そういう世代に頼らなければもう業界として立ち行かなくなり始めているというのも見逃せない。
歴代シングル売り上げ第1位の「およげたいやきくん」や、反体制SONGの象徴「翼をください」のように、
老いも若きも誰もが知っているヒット曲などもはや望むべくもなくなった音楽業界の苦境。


最近、昭和・平成のヒット曲を列挙していく番組が妙に増えたような気がするのは、そのせいなのだろうか。
広告を非表示にする