tigerdriver-91’s blog

東京に来た大阪人がつれづれなるままに書いたブログ

家庭菜園の枝豆がピンチ!

枝豆が枯れそうです。。

最近、小さな虫が出てきたので、バスの運転手をしながら畑を見ている60歳位の方がいるということで、小さな虫の撃退法を聞いたところ

 

お酢が良い、お酢を薄めて周りに霧吹きでかけると良い」

 

と聞いて、毎日やり始めたら、こうなりました。

 

f:id:tigerdriver-91:20210614082656j:image
f:id:tigerdriver-91:20210614082704j:image
f:id:tigerdriver-91:20210614082700j:image

 

病気になったのかな?と運転手に聞いたら

 

「肥料をやらないといけない!」

 

と言われて、今度肥料を届けてくれるみたいです。

 

ただ、お酢は酸性なので、お酢のせいでは?と思い、3日目からはやらず、様子を見ていました。

 

そして昨日。ホームセンターに行って、詳しそうな人に聞いてみようと、この写真を撮って持っていきました。

 

その人がこの写真を見て

 

「コレは何時ごろなりましたか?」

 

と言われて四、五日前ですと答え

 

「うーん、直ぐにこれだけ広がるのは病気じゃないかも?」
「斑点が霧吹き状に広がっているので、何か酸の強いものをかけました?植物は酸に弱いので、私たちは木酢という特殊なものをかけたりしますが。。」

 

酢をかけたのが間違いでした。2日で気づいて良かったです。

 

「これから出る新芽に斑点が出なければ、酢で間違いないです」

「ご心配でしたら、食品由来の農薬があるので、そちらを使ってみてはいかがでしょうか?」

 

とのことでした。

 

いやープロにちゃんと聞かないとわからないものですね。因みにネットで調べると肥料は一度やればら2度目はいらないとかいてあった。肥料は一度あげたので、バスの運転手の肥料はいるかをきいたところ。

 

「逆に肥料が腐ってしまうので、植物にはよくない」

 

とのことでした。いやー危ない。悪化させるところでした。

 

バスの運転手も悪気はないので、枝豆が復活すればオッケーとしておきましょうかね^_^

これから湿気で色々な病気にもなりやすいので、注意しながら育てたいと思います。

元リクルートの人にお会いして、この本のことを聞いてみた

仕事で久々に元リクルートの人に会いました。その人が過去にどのような仕事をしていたかの話になり、気になって色々なことを質問していたのですが、ふと、過去読んだ本のことがきになってしまいました。

 

その本がこちら。

 

f:id:tigerdriver-91:20210612175618j:image

 

リクルートのすごい構創力

 

表紙にも書いてますが、リボンモデルやぐるぐる図など、使ってたんですか?と質問攻めしました。

 

「お前はどうしたい?」がリクルートの伝統。その人曰く、どうしたい?と言ったら、今の会社から「でた!リクルート」といじられるようです。

 

さて、この本の紹介もしておきます。

会社で何か新しいことをしよう。そう思ったらこの本を買うべし!

リクルートが次々と新しい事業を生み出しているが、その理由がよくわかる本です。

あえて、コアとなる3つのページを印刷しました。

ただ、これだけ見てもわからないですよね。不の発見?リボンモデル?

リクルートを紹介するときによく聞く言葉ですが、このほんを読んで腑に落ちましたね。

あと、ADKにいた頃、リクルート出身の上司だった人に、「お前はどうしたい?」は言われましたね。この言葉もリクルートのメソッドだったのだと思い出します。

著者もボストンコンサルの日本代表なので読みやすい。

これは、是非読んで欲しいですね。そして、是非、新しいことを始めて欲しいと思います。

因みに、今度リクルートの人に会ったら、昔から温めていたアイデア、日陰マップをリクルートの人に作ってもらおうと思います。

リクルートの人、アイデアをタダで渡すので僕の不を解消して下さい!

歩合営業のマーケティング

私は今、歩合営業がメインの会社でマーケティングをやっていますが、文化があまりにも違いすぎて戸惑っている、という事を今日は書きたいと思います。

 

基本的に歩合営業は個人の成績が重要なので、当たり前ですが個人主義です。ただ、僕らのお客様は投資をできる人、中長期的に資産を生み出し続けられる方々であり、その方々とは長い付き合いになりますので、信頼関係が必要となります。

 

そうなると、若い人では対応が難しいので、課長クラス以上が同行して契約を勝ち取ります。

 

課長以上の管理職は課員の成績で評価されます。もちろん、課長自身のお客さんもいるので、その歩合もゲットします。

 

課長以上はお客様が商品を買える人なのかどうかチェックします。買う可能性が高い場合のみ同行して購入まで漕ぎ着けます。それ以外は手伝いません。

 

なので、部員がどのようなテクニックを使うか、どのように教育するか、それは課長以上の興味次第、となります。

 

そのような文化にどのようにマーケティングするか。難しいですねぇ。

 

これは文化を変えるより、その文化をどのようにマーケティングに活かせるかを考えないといけないですね。

今日は悩みのことを書いた内容でした。もし、この内容にピンと来た人は是非コメントください!色々と仕込んでいますが、是非、そのようなお話をしましよう!!

フィールドセールスを初めて知りました

昨日はインサイドセールスの事を書きましたが、インサイドセールスがアポ客を渡す先であるフィールドセールスについて書きたいと思います。

 

営業の醍醐味といえば、新規のお客さんを獲得する事です。昔はアポ電から商談をして契約頂くことが一連の流れでしたが、今はそれが完全に分離しています。

 

アポを取るまでがインサイドセールス、アポから契約を取るのがフィールドセールスとなっています。チームを二つに分けると人が多くなりますが、その分野に特化した人なので、ノウハウが溜まり、アポ取りもマニュアル化、契約もマニュアル化しており、生産性が向上するんですね。

 

なので、昔の営業は一人当たりの売上目標と利益が指標でしたが、インサイドセールスはアポ数、アポ率、フィールドセールスは売上と利益と契約数や契約率と指標は多くなりますが、より分析がしやすくなります。

 

フィールドセールスはクロージングに特化した部隊なので、従来型の営業と違い、売上や利益の金額が高く設定されるのも特徴ですね。それで契約率も見られるので結構大変です。

 

なので、インサイドセールスとはリードの質について、いつも折衝することがあります。インサイドセールスも電話をかけるリストの質が重視されるので、リスト作りをするプロモーション部隊との折衝は必須となります。

 

このようにプロモーションをするマーケティング部隊の役割が数値としてリアルに可視化されるので、ブラックボックスは何もありません。営業がアポを取る方法は属人的でブラックボックスでした。

 

それが古き良き時代の良いところでもあり、悪いことも出来る悪いどころでもありました。それを可視化して追いかける今の営業は大変かもしれませんが、成績を出せば良い事。

 

今の時代はみんなが仲良くなので、ノウハウを教えあってみんなで数字を作る。これは横の繋がりがワークすれば絶対に機能するとおもいました。さて、コレをコレから立ち上げます。この理想論を形にできるかなーコレから楽しみです。

インサイドセールスを初めて知りました

今更ながらで恥ずかしいのですが、この会社に入って、初めてインサイドセールスを知りました。

 

インサイドセールスを簡単に言うと、商談機会を作る営業。のこと。つまり、アポ電をする人、コールセンターのアウトバウンドコールをする人、と言った方がわかりやすいですかね。

 

アポ電って結構辛いですよね。その辛い業務はコールセンターや光通信のような会社が、バイトを雇って、スクリプト(電話をするときの台本)を渡してアポ電しまくる。でしたよね。

 

今、電話営業は避けられるので、zoomなどのオンライン会議やメールやDMなどを駆使して訪問営業に渡す営業をするのが主流みたいです。

 

僕もよくよく考えてみると、代理店時代、女性から電話がかかってきて、ツールを売り込まれてアポを承諾したけど、訪問してくるのは男ということがよくありました。女性からメールが来て、オンライン面談オッケーしたら、当日は男だった、という事はありますね。そうやってインサイドセールスってカテゴリが成長したんだなぁと思いました。

 

そんな僕もインサイドセールスを使ってアポを取る方法を考えるタイミングとなりました。さて、どうやってアポを取ろうかな。マーケティングの腕の見せ所ですね。いろんな方にアドバイスいただきながら考えたいと思います!

猿人は人間が滅した仮説

ジャワ原人北京原人などのネアンデルタール人と言われる人間の一歩手前の猿人と呼ばれる進化の過程を習ったと思うのですが、今、この世でそのような人種はいないですよね?

 

人間の祖先は猿、人間と遺伝子がほぼ一緒なのがチンパンジーで99パーセントと言われていますが、そこから進化の過程で色々出てくる猿人は全て途絶えて人間だけ?というのは奇妙だな、と思っています。猿人は絶滅種です。

 

何故か?

 

コレは、あくまでも仮説なのですが、進化の過程で人間が全て滅した、ということみたいです。人間に進化する過程で、背が小さかったり猿に似ていたりした猿人は差別対象となり、より人間に近い人種が崇められてきた、ということです。

 

そう言ったことは歴史にも登場します。例えば日本の記紀神話に出てくる熊襲(くまそ)は人類と猿人の間のような表現をする描写が度々登場します。ヤマト王権に反対した勢力として、ヤマトタケルが女性に変装して頭を酒に酔わせて殺害した話が注目されますが、この辺りの描写は獣のような表現が使われますよね。

 

東北の蝦夷(えみし)は奈良時代から平安時代にかけてですが、表現が蛮族ですよね。続日本史では人類と表現され、田村麻呂が征夷大将軍となり制圧に尽力するも、様々な策略で朝廷側の兵を殲滅した事は歴史に残っています。族長のアテルイと呼ばれる人物は戦略家であり人情あつく、田村麻呂もアテルイ陸奥(東北)を統治させてはどうかと朝廷に提案するも、、、

 

「野生獣心にして、反復定まりなし。たまたま朝威に縁りてこの梟帥を獲たり。もし申請に依り、奥地に放還すれば、いわゆる虎を養いて患いを残すなり」

 

として処刑されます。その後、嵯峨天皇蝦夷に対して夷俘と蔑称することを禁止する勅を発し、ここに征夷が終了。嵯峨天皇が勅を発するにあたり、アテルイの遺族が反乱を起こすことも無く、朝廷の侵略戦争だったコトを反省したからこその行動とも言われています。

 

コレで言える事は、コレより昔は人類と猿人はまだ共存しており、猿人を脅威に思った人は多かったのではないかと思います。

 

ヨーロッパのクロマニヨン人は、限りなく人類に近いですが、180センチと当時の人類より巨漢で腕力が凄いことから、グラジエーターで出てくる巨漢キャラはクロマニヨン人ではないかと表現することもあります。

 

あくまでも仮説ですが、歴史には士・農工商・穢多非人のように差別の歴史があるので、そのような仮説も当てはまるのではないかと言われています。過去を調べる方法はないですが、こう言ったことが起こらない世の中であることを願っています。

子供がコロナワクチンを打てない理由に驚く

僕も本当か嘘か、もはやわからいのですが、子供の体の大きさでは、コロナワクチンを接種することは逆効果と聞きました。

 

何故か?

 

それは、身体が小さいので、コロナの抗体を作るのに身体が追いつかないから。とのことです。ワクチン注射というのは、コロナウィルスを薄めたものを注射して、身体に抗体を作って防ぐものみたいですね。

 

なので、子供は身体が小さいし、まだ発達途中とのことで、摂取しない方がよいみたいです。なので、身長が小さく体重も軽い人は副反応が出やすいみたいで、それは大人にも言えるようですね。

 

私の知り合いで国立病院の看護師さんがいるのですが、先日コロナワクチンを注射してから翌日に39度の熱が出たと言ってました。身長が150センチで細身でした。僕は医者じゃないので因果関係はわからないですが、自分の周りでそのようなコトが起きているのが怖いですね。僕の知り合いでコロナウイルスに感染した人がいないですが、ワクチンの副反応が出た人が知り合いにいるって、副反応の出る確率の方が高いな、って思ってしまいます。

 

何度も言いますが、医者ではないので因果関係はわかりません。ただ、この時期に太ることは悪くないかも、と思いました。

 

昔、営業の先輩から「痩せると風邪をひきやすくなる」と言われました。「走ったり筋トレしたりして痩せても同じだぞ」だと言われたコトを思い出しました。

 

会社でも「家まで走って帰るんですよ」と言ってる人が、風邪をひいたりしていたので、身体が大きいことは悪いことばかりではないなと思いました。この仮説をプラスに捉えて信じることにします。さぁこの時期はダイエットしないように!!

CEOを評価する体制

トップダウン、ワンマン経営、コロナ禍で直接会えない、オンラインでの意思疎通となると、この色がさらに濃くなってきますよね。会議の後に「ちょっと話せる?」が少なくなってますよね。今は、この会議の後、「◯◯さんと◯◯さんは残って下さい」というのはありますが、個別で色々と話すことって少なくなりましたよね。仲の良いメンバーは別ですが、会議でしか会わない人だと、余計にそうですよね。

 

トップの人も、今までは席の近くに幹部を置いて、自分都合でドンドン声をかけて色々と決めていましたが、今は席の周りにもいない、声をかけるにも、電話、顔を見たい場合はオンラインと面倒な世の中になっています。

 

一人の時間も多くなり、主要な会議の情報から自分で考えて決めることが多くなったと思います。

 

つまり、周りのコミュニケーションも以前のように、歩きついでに話せることが難しくなってきているので、根回しとか難しくなってきたなぁという感じです。なので、トップに打診して、トップがその場で判断する、というシーンも結構あるな、と思うようになってきました。

 

そうなると、トップダウン、ワンマン経営が余計に目立つようになってきますよね。寝耳に水、というコトをよく聞くようになりました。「こんなコトが、いつの間にか進んでいる」とか。

 

そんなトップを評価するには、取締役会の機能は大きくなります。ただ、もともと声の大きいCEOだと誰も言えなくなります。取締役会を発動するときは革命を起こすとき、CEOを脱却させる時ですよね。それではいけません。

 

どうすべきか?

 

もう、上場するしかないですね。株主の意見を取り入れる。そうしないと、トップダウンは加速します。CEOの評価者として株主を入れて、適切な判断をしてもらわないと、上手く立ち回るコトはできないと思います。

 

優秀な株主なら気付くことがいっぱいあります。株主の利益を上げるコトって、当然経営と直結します。短期的な利益を必要とする株主ではなく、中長期で考えられるアドバイザー的な株主を数人入れておくと良いですね。上場すると社会的信用も高まります。良い人材も入り、正しい会社としてのカタチも作れます。トップダウンに困っている方は上場しましょう。もしくは、正しい株主に投資をしてもらい、真剣に会社のことを判断してもらいましょう。

 

監査役やコンサルなどの雇われ人より、投資してるから真剣に向き合ってくれる。そう言った人が良いですね。

 

こう言った動きは是非やってほしいです。在宅だと、誰とミーティングしてるかとか、意外とわからないことが多いので、今は色々なことが動きやすい時代です。

 

逆も言えます。オンライン会議なので、色んな人のスケジュールを見ないと、何がどのように進行してるとか追えないですよね。そう言ったことも考えながら、CEOを、そして会社を評価してもらえる体制を作ってみてはいかがでしようか!

枝豆が出来ました!

まずはこちらの画像から。コレは昨日の苗です。

f:id:tigerdriver-91:20210605232134j:image

よーく見ると、枝豆が出来ているのが分かります。拡大するとこんな感じです。

 

f:id:tigerdriver-91:20210606114224j:image

f:id:tigerdriver-91:20210606114233j:image

 

カタチは枝豆だけど、まだ実はほとんど入ってないです。おそらくコレから実がなっていくのかと思っています。

 

枝豆は3ヶ月で収穫と聞いていたので、まさか1ヶ月目で枝豆の形を見れるとは思いませんでした。

 

因みに花が咲いているところは見ずにいきなり実がなってました。どうも調べると、枝豆の花はあるみたいですが、小さな芽がそのまま花のようでそれが成長して実になるようです。

 

因みにコレが花みたいです。

f:id:tigerdriver-91:20210606120253j:image

こうやってみると、花に見えないですね。もう、いきなり芽が出て、枝豆がそのままできているように見えますね。

 

コレからこのような枝豆が次々と出来てくるようです。葉っぱが穴だららでちゃんと育っているのかなぁと心配が多いことと、実がなると鳥や虫がつき始めるので、しっかりネットを貼って実を守ろうと思います。さぁ収穫までしっかり育てたいと思います!

 

 

年収をあげる転職について

GoogleAmazonのように一般社員でも年収が高い企業を除けば、年収を上げる転職は一定のポジションを狙わないと獲得できません。

 

ポジションとは、管理職であったりスペシャリスト枠だったりします。

 

普通の企業は、年収の高い人は出来るだけ取りなくなく、若くてスキルがある人、つまり、年収が安くて若い人を求めています。

 

第一優先は年収ですね。企業として年収が高い人は辞めさせたいですよね。でも、長年会社に貢献してくれた功労者に酷い仕打ちはしにくいですよね。ポストもなかなか開かないので、事業を多角化して、そこで新たに能力を発揮してもらう。など、年収の高い人の使い道に悩んでいる実情があります。

 

年齢も若い方が給与を比較しても安心という部分があります。でも、特殊なスキルがあれば年齢が高くても採用する可能性があります。例えばデータサイエンティストやゲームプログラマーなどは年齢関係なく給与も高くとれる職種ですね。

 

でも、そう言った特殊技能ってなかなか持ち合わせていないですよね。ですが、自分のやってきたコトを拡大解釈すれば特殊なスキルに見せることって案外できたりするんですよ。

 

僕は何度も転職をしているので、転職相談を受けるのですが、マーケや企画や販促関係にいる人は、もれなく特殊な経験をしていると思います。なので、周りに転職経験のある人がいれば、自分の職務経歴書を見せた方が良いです。転職経験のある人はその内容を見てポイントはどこか絶対気付きます。特にコロナ禍以降に転職している人は、見せ方を相当研究しているので、そう言った人に見てもらうと良いでしょう。転職エージェントもハイクラスの転職エージェントに相談した方が良いです。ビズリーチみたいにお金を払って転職を探すことも出来るので、上手く利用した方が良いです。

 

あと、よく聞かれるコトはマネジメントの話。コレは、年齢がいけばいくほと聞かれますね。自分の性格を重視して話すと失敗します。企業が望んでいるのは、どれだけ人と向き合っているか、在宅ワークのWEB会議中心でもどのように仕事をいっぱいさせているか、仕事だけにモチベーションを持って行かせる管理方法をしているかが問われます。ここは、自分がマネジメントとして色々試してみましょう。僕も面接でマネジメントのパートは完璧だな、という回答がなかなか出来ず、会社のミーティングや人との向き合い方、どうやって仕事に集中してもらうかを色々と試して、現在のマネジメントが上手く回り始めた時が転職できる時だと思います。

 

是非色々と試してみて下さい!

Googleがテストしてるんです。

「信号機と思う画像をクリックしてください。」

 

インターネットをしていると、このようなコトを聞かれた事ってありますよね。

 

これは、Googleが画像解析をしているのですが、一般人から見て、同じ回答になるかテストしてたんです。

 

Googleは今、その画像がなんなのかを解析することに研究費を注ぎ込みまくっています。でも、なかなか画像解析が進まず、僕らにもその協力を装うふりをして、「信号機はどれですか」と聞いてきます。

 

でも、いつまで経っても、信号機ばかりですよね?あと、横断歩道とかあったかな?これは、研究が進まないから、いつまで経っても信号機のママなんですね。

 

 

 

Googleという検索エンジンは、文字を細かく解析して、僕らが望む検索結果を返すように作られています。

 

その分析は、文字レベルでは完成に近づき、画像の文字まで改正をし始めました。

 

「この文字はなんと書かれているでしょう?」

 

というテストをされることってありますよね。あれは、Googleがテストしているんです。一般人の回答結果をデータ化し、解析技術に応用しているんですよね。

 

でも最近、画像から文字を聞くことって貼りましたよね。コレはGoogleがこの分析はもう終了のレベルまでデータをためることができた。と、考えてよいと思います。

 

信号機も、カタチやシルエット、色や点滅の動き、さまざまなコトを頑張って解析してるんでしょうね。因みにGoogleは規制もちゃんとしないといけないというコトで、18禁も管理しています。判断しやすいのは色というコトで、肌色(うすピンク色)の多さで判断しているコトがありました、なのでプロレスや相撲も規制対象になったことがありました。Google配下のyoutubeで江頭が✖️で隠しているのも、そう言った理由があるから、かもですね。因みに2年前エステティックの広告をGoogleに出そうとしたのですが、肌の露出が多いというコトで審査落ち、セパレートの水着からワンピースの水着にして審査を通したことがあります。

 

音声のことは、あまり聞かないですが、この解析も大変なのかもしれないですね。音楽と密接に関係しているから、Googleもソコは触れないのかなぁと思います。

 

因みに映画やテレビ番組をYouTubeにアップロードしている人が配信停止となっているのは権利の問題ですが、画像を小さくして配信するとGoogleの目をすり抜けれると、配信する人たちもいるようです。それで広告収益稼ぐ、みたいな。

 

今は解析技術は過渡期ですが、技術がいずれ上回るんでしょうね。

 

信号機の質問がなくなった時、Googleが進んだ合図と思って良いでしょうね。コレからの技術革新が楽しみです。

滞った仕事を進める方法(上司の場合と部下の場合)

優先順位はつけれるのですが、問題を整理することができないので、前に進めることができない。なので、毎週の会議は「しのぐ」ための対応ばかりする。上司もキツく言わないので、なんとなくやってこれている。

 

そんなことって、往々にしてありますよね。

 

部下は根本的な解決法を知りたいが、まぁいいか、となり受動的になる。

上司は言いすぎるとハラスメントが怖いので、ほどほどにする。

 

一年たってみて、何にも変わらない。新しいこともない。トップダウンで新しいことをしても、検証が甘くで「やっぱダメだったね」となる。

 

黒字の企業なら結局変わらないママ、業績が厳しい企業なら、人員整理対象ですね。「あの部署、解散させますか。でも、あの人たち、何処の部署で何の仕事をさせれば良いの?」

 

となりますよね。

 

コレは、上司も悪いし、部下も悪い。

対策としては、「整理すること」なんですね。

 

【上司の場合】

現状の課題を明確にすること。例えば「この部署の仕事で課題は三つ」と定義する。その時に、部下のスキルは一切問わず、問題点だけを定義します。

 

例えば、○○というシステムを入れて、レポートを簡素化出来たが、そのレポートを生かした具体的なアクションが出来ていない。とか。

 

そうやって課題を具体的に定義し、解決するために部下に考えさせる。そして出てきた提案は否定しない。むしろやってみる。失敗したらそこから学ばせる。成功したら褒める。何かを自発的にやらせてみるのがよいです。

 

次に納期を明確にする。WBSガントチャートを上司が作る。そして、課題の解決はいつまでと定義する。この定義も上司が厳しい日程を設定し、それを目指す。本当に無理な場合は部下から反発があります。そこで、内容を協議してこの納期でやろうと決める。意外と目に見えない問題点が見えるので、部下のタスク管理にもなります。こうやって上司がやるべき事を具体化し、コレが成功すれば成果になることを伝えたら、部下もやるべきことが明確化し、優先された事に対して、具体的なアクションは何かがわかるので、仕事がドンドンはかどります。反発があるのは意見があるという事なので、そこを尊重しながら目標設定すると、自分の承認欲求のために頑張ります。

 

【部下の場合】

実は上記とやる事は同じなんです。上司がやらなければ、部下がやるしかないのです。部下が自ら課題を三つ整理して解決方法を含めて上司に提案する。そうすると、上司は何らかの反応をします。実は上司が思っていた課題は別にあり、それを聞き出せたら、それを対策する。もし、その課題がズレていると思ったら、自分が思った課題と、どちらが優先順位が高いかを確認する。

 

プライドが高い上司はご自身の案を推します。その場合はそれを優先として、自分のは二番目として対応する。そういった上司は承認欲求が高いので、満たされると部下の案も聞き入れます。

 

上司から優先順位が低そうな案が出てきたら、それも対応しましょう。会社のためにはならないが、その人の満足度が高まるので、良い評価で周ります。周りの人は見ているので、他で活かしてあげよう、となります。間違いなく。

 

上司が手放さない、となっても大丈夫。それは最高評価なので、評価を期待しましょう。会社のために貢献したい、キャリアアップの為に新しいことをしたいと思ったら、一年その部署で頑張り、次の移動のタイミング前に上司に○○をしたいと意思表示しましょう。それでも異動出来ないなら、更に上の上司や人事に言いましょう。会社がダメダメだったら、転職もありですよ。

 

僕も今日からWBSガントチャートを作ろうと思います。まずはやってみることから、ですね!

家庭菜園を始めて1ヶ月が経ちました。

インスタにも投稿しました家庭菜園。まずは初心者でも簡単に出来る枝豆を選びました。因みに初心者向きのトマトは1メートル以上大きくなると言われたので、トマトよりは大きくならないと言われた枝豆を買うことにしたのです。

 

枝豆の苗

f:id:tigerdriver-91:20210601072604j:image

5月1日に購入しました。苗はまだ手のひらサイズです。

 

そしてプラスチックの植木鉢を購入。そこに石を敷いて土を入れ、苗を挿入しました。苗は100円でしたが、植木鉢が1000円くらい、土と石が1000円くらいです。ネットだとこの半額位で買えるようです。僕は初心者なので、ホームセンターで聞きながら買いました。
f:id:tigerdriver-91:20210601072549j:image

枝豆とわかるように、札をさしておきました。

品種は湯上がり姫。ビールがいっぱい欲しくなる名前ですね。

 

虫やカラスが来るといけないので、ダイソーでネットを購入。


f:id:tigerdriver-91:20210601072553j:image

12日でこんなに成長しました。

 

 

角度を変えて撮影、15日目です。
f:id:tigerdriver-91:20210601072546j:image

撮影は気まぐれなので、一週間単位じゃなくてスイマセン。。雨が強かったので、良い撮影ができませんでした。でも、苗の時から、雨にも負けず、風にも負けず、大きくなってくれました。

 

 

 

22日目です。かなり葉っぱが増えたので、少し引き気味に撮影。
f:id:tigerdriver-91:20210601072556j:image

ドンドン成長するので楽しいです。水が好きな植物ですが、1日2回コップで水をやると、下から水が溢れてきたので、今は1日コップでいっぱいが良いようです。暑くなると1日2回なのかな。

 

 

そして30日目、かなり大きくなってきたので、更に引きで撮影。
f:id:tigerdriver-91:20210601072559j:image

新芽は太陽に向かって葉っぱを広げました。

 

この5月は、暑かったり、寒かったり、雨が降ったり、風がきつかったりと、人間も気候変動に参っちゃうような気候でしたが、ここまで立派に育ってくれて嬉しいです。収穫は7月なので、コレからどのように育つか楽しみですね^_^

 

2021年5月 アクセスランキング

さて今月も完全に自己満足のアクセスランキングをお伝えします。まずは、どの記事かPV多かったかをお伝えします。その機能が無料で使えるnoteで発表します。

 

f:id:tigerdriver-91:20210531233558p:image
f:id:tigerdriver-91:20210531233602p:image

一位 日本製のマスクが世界に届くように!

鯖江職人の作ったマスクが一位になりました!!

https://note.com/tigerdriver91/n/nfc6009a94e66

 

嬉しいですね。4月23日の記事なので、PVがこれだけ取れる記事ができたことが相当嬉しいです。この記事には、僕が正直に応援したいという気持ちがあったので、一位になったのが相当嬉しいです!!

 

二位 FXが儲からない理由が、ようやくわかりました

https://note.com/tigerdriver91/n/n18c812a5c273

この記事も3月16日ですので、1ヶ月後にじわじわ来たな!と嬉しかったですね。これもずっと引っかかっていたことでしたので、それがわかって良かったーって記事です。他の方にも共感されたのかなぁと、勝手に思ってます。

 

三位から五位はいつものメンバーです。個人的にじわじわ来ているのは、

 

六位 阪神タイガース専門youtuberさばかん

https://note.com/tigerdriver91/n/nc8f817d4b5ae 

これは5月5日の記事です。彼の動画は好きなので記事にしちゃいました。さばかんって何者?って人、いるんじゃないでしょうか。それを検索した時にヒットするよう書きました。彼のyoutubeライブでは、ちょいちょい自分のことを言ってるので、それを織り交ぜたのが良かったかも。

 

そんな感じで、コンテンツを織りまぜ、月に1,000PV達成しました!やったー!次はnoteで2,000を目指します!

 

因みにはてなブログでは

f:id:tigerdriver-91:20210531235014p:image

2,000いっちゃいました!コレは阪神歴代四番の記事を書いていて、佐藤輝明が四番になった時にアクセスが一気に増えました!コレは驚きましたね。はてなブログはnoteよりも何年も前からちょこちょこ書いていたので、その結果がこのように出たんでしょうね。嬉しい限りです。

 

では、6月もこの調子で毎日投稿します!!

 

3ヶ月に一度は歯のメンテナンスを

歯医者は歯が悪くなってから行くところではなく、常にメンテナンスして早めに治療すること。

 

これが現代の考え方のようです。

 

歯は30年後も一本残らず残すこと、というのがスウェーデンの考え方としてあるようで、80歳で歯が残っている本数ですが、スウェーデンで23本に対し、日本は8本みたいです。アメリカでも17本残っているので、日本は歯を守るという感覚が少ないのかも知れませんね。

 

入れ歯や差し歯に関しては、日本は進んでいるようです。というのも、日本の歯医者は、ドンドン歯を削り、入れ歯を推奨しているからのようです。なので、インプラントを推奨している歯医者さんは、ドンドン歯を削られるので注意しましょう。

 

虫歯は進行性と停滞性があり、歯の様子をみて停滞するなら、削らない方が良いのです。銀歯を取って中を削る歯医者も注意しましょう。

 

虫歯を見つけても大問題じゃない場合は様子を見ましょうという歯医者が良いですね。因みに私の歯に関して、メンテナンスでチェックいただきました。歯石も取ってもらい歯は健康に次回は九月。歯のレントゲンを取って気になる箇所が、一年でどうなったかみてもらいます。 

 

さて、九月まで口内環境を綺麗にして虫歯が発生しないようにしなきゃ。虫歯を発生させるのは甘い飴は絶対ダメだから、飴はたべないぞ、と。