tigerdriver-91’s blog

東京に来た大阪人がつれづれなるままに書いたブログ

体育会の人を見極める方法

僕はこう見えて体育会の人です。と言っても高校生の時に3年間キツイ部活に入っていただけで、大学も社会人もガッチリスポーツをやっていたわけではないのですが、高校の3年間で体育会の厳しい規律が刷り込まれたので、それが今も癖として残っているので、体育会の人、と自分で呼んでいます。

 

体育会=学生時代に厳しい規律を学んだ人

 

といった方が良いですかね。

なので、同じ匂いをする人はなんとなくわかります。

 

例えば、友人関係で旅行すると、その差がよくわかります。

例えば呼びかける時、「あのさー」って話しかける人に対して、体育会の人は即座に反応します。それは、先輩が声をかけたら即反応するように教育されているからです。

 

声をかけても全く反応しない人っていますよね。それは、周囲に気を配っていないからです。体育会の人は、3年間刷り込まれているので、自然と気を配っているのです。

これは、厳しい規律の会社でもそういうことがありますよね。体育会の人が集まった会社はそうなりますよね。

因みに僕はたまに声をかけられても反応しないフリをすることにしてます。昔は街中で自分の名前を呼ばれると反応する癖がついてましたが、今はそれを出さないように、知っている人の声かな?と思っても一度は無視するようにしてます。違う人だったら恥ずかしいですからね。後ろからの場合は、知らない素振りで後ろを振り返り、顔を確認して、初めて反応する。みたいな事はします。

 

あと、体育会でない人の態度で引いてしまうのが、先輩にきつい冗談を言う人。体育会の人は冗談でもきついツッコミはしないですよね。慣れた人じゃないとまずやらないです。

 

最後に挨拶ですね。僕は会社でどんな人ともすれ違う時は挨拶するのですが、挨拶しない人は気になってしまいます。細かい事言ったら嫌われると思い、挨拶に関して誰にも何も言わないですが、正直気になってます。器を広く見せたいので、何も言わないですが。。。って器が広いってなんでしょうか、我慢する事なんですかね。知らんけど。

 

ということで、体育会の人を見極める方法を紹介しました。さて、なんの役にたつのやら^_^