高橋由伸監督について その二

巨人のクライマックスシリーズか終わりましたね。

 

辞任を発表したあと、高橋由伸監督を男にしようと選手が奮闘したように思いました。まずはあの強力打線のヤクルトを封じたことですね。

 

高橋由伸監督も粋な計らいをしましたね。ヤクルトの緒戦で今村を先発。五回まで全力で投げさせて、その後に上原、畠、山口で締め、翌日は菅野に全てを任せる采配。選手もそれに応えようと頑張る。与えられたことを必死になる。若手には荷が重いけど、ベテランがしっかりカバーする。今村と畠は非常によい経験をさせたし、ベテランを信頼して充分な力を発揮させる。上原の回跨ぎは粋だな、と思いましたね。大事なところで抑えた上原も見事でしたね。

 

打線も初回に点を取り、三回に坂本のホームランはのっていきますなー。上原が五回と六回を締めると、七回に陽岱鋼と亀井がバットで返す。最高の緒戦ですね。

 

意気に感じた菅野がノーヒットノーランー、長野マギー亀井とホームランで最高の勝ち方でしたね。

 

ただ気になったのが、ファースト阿部慎之助。岡本の外野はバットを湿らせる。

 

広島との緒戦で、阿部慎之助が自打球で退場。阿部慎之助がベンチにいるか、いないか、大きな影響が出ましたね。結局最後まで阿部慎之助のチーム、みたいになりましたね。

 

二戦目の畠の回跨ぎ痛打は責めれない。阿部慎之助がいない。これが全てかな、と感じましたね。

 

広島は8月から絶不調で上がってこない打線。クライマックスシリーズも、二桁安打はない。巨人の自滅で終わったようなシーズンだったのではないでしょうき。

 

結局最後まで、阿部慎之助のチームを払拭できなかった高橋由伸監督。ただ、その足がかりは充分作ったのではないでしょうか。現役を半強制的に終了して監督をした気の毒な3年間でしたが、勝利は厳しいけど育成を見事に成し遂げた3年間だったのではないでしょうか。

 

高橋由伸監督 206勝206敗

ラミレス監督 206勝205敗

金本知憲監督 200勝207敗

 

三年前に監督になった三人ですが、どの監督も勝率は厳しいですね。広島の三連覇がこの勝率になっていることを考えると、広島にどう勝てるか、になりますね。

 

原監督になり、コーチもガラッと変わるようですね。高橋由伸監督はコーチもかわいそうで、村田に吉村に斉藤、二軍監督は川相。一回り上くらいの人達がコーチに囲まれ、やりにくいまま終わったのではないかと思う。原監督と不仲の川相は来年はいない。原監督が根尾と言えば、12球団オッケーといいつつ巨人に思いがある吉田は選ばないのかな。元木パターン?

 

話はズれましたが、何人もの生え抜きを使った高橋由伸監督。阿部慎之助の脱却と生え抜き中心にしなきゃね。巨人さん。

 

今年優勝した広島と西武の共通点は何かわかりますかね?共に生え抜きの選手が中心選手、ということではないでしょうか?来年の巨人から目が離せませんね。