アメリカ人は言葉に敏感

アメリカ人はイエス、ノーが、はっきりしています。ただし、人にノーと言う表現をストレートに伝えず、気を使いながらノーと言います。

 

昔、ノーと言える日本人はいない、みたいなことを言われましたが、今はみんなノーとハッキリ伝えるようになったと思います。ただし、アメリカ人のように気を使った表現が出来ているか疑問です。

 

今の人はハッキリ、「違います」といいます。

ノー、とだけ言い切る言い方ですね。

この、違います、と言う言い方は、グローバル的には非常に品のない表現みたいです。

 

日本は縦社会で、上から下に対してこのような表現を使われることが多いようです。逆に下は上に対してもこれはいけるなと思うと、上に対して、違います、を言う場合もあります。僕もそうならないように気をつけてますが。。

 

海外は横社会なので、上司部下、友達配偶者親子供関係なく、イエスノーがハッキリしていても、ストレートな表現は避けます。

 

これは見習うべきだと思いますね。