大阪三大祭り 愛染まつり 大幅縮小の原因は若者の迷惑行為

悲しいニュースを聞きました。毎年6月30日からの3日間に開催されている大阪三大夏祭りの一つ「愛染祭(あいぜんまつり)」が、法要などの一部行事を除き、大幅縮小するようです。露店は出さず、「宝恵(ほえ)かご行列」に乗る愛染娘の公募もしないとか。

 

理由は、祭りに訪れる一部の若者らが近隣住民への迷惑行為を繰り返しているみたい。ゴミの放置や自転車の迷惑駐車などが公式発表。近隣住民の苦情が半端ないようです。

 

場所が天王寺ということもあるのでしょうか。若者の迷惑行為は相当やばいようで、主催者側も対応困難と判断したんでしょうね。。悲しい。。。

 

愛染まつりが始まると、大阪の夏が始まったな!という祭りではありますが、なんか、出鼻を挫かれた感じです。。。さみしい。あぁ、もう愛染娘はみれないのかなぁ。キングコング西野さん辺りに、若者を良い方向に向けてほしいなと願う。