読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本を貸したら返ってこないものなのか?

思い出したので書いておく。僕は本を読むのがそこそこ好きで、気に入った本に出会うと、フェイスブックで紹介したり、クライアントに使えそうなネタはその本を紹介したりする。ただ、『その本を貸してください』と言う人は、だいたい返ってこない。

 

何なんでしょうね?あの感覚。

 

普通、貸して欲しいなら、ちゃんと返すよな?

なのに、貸して?と言う感覚が信じられへんし。

しかも、アホな営業に紹介したら、クライアントに貸してるし。

もう、信じられへんわ。その感覚。

 

しかも、俺が貸さなかったら、なんか、小さい奴とか思われんのも

なんか変じゃない?変やって。

 

なので、どんなことがあっても、どんな本を読んでいるか、一切明かさないことにした。

あげてもいいな、この人、と言う人だけ

紹介するようにしよう。

 

いやね、文庫本くらいあげても、別にいいのよ。

ただ、その姿勢が気に食わんのよ。

それで、借りてること自体忘れてるし。

あと、そのことを忘れてて、なかったかのように接して来て

『最近のオススメの本ある?』とか

マジで頭が悪いのかと言いたい。

 

マジで借りたものは返しましょう。

あと、貸して、とか言わないようにしましょう。

文庫本くらい買いましょう。

 

広告を非表示にする