2015年、錦織圭、全仏ツォンガ戦 ツォンガは相当したたか

昨日のライブ放送をみましたが、第一セットを見てテレビを切った人が大半だったでしょう。それくらい錦織圭の調子が悪かったように見えましたね。

 
 
 
錦織圭は、第一セットに相手の強みであるサーブと、フォアハンドに素直に立ち向かって行ったのが、第一セットだったような。
 
バックに集めないので、相手がフォアを好きに打ってリズムをつかむ。セカンドサーブもプレッシャーがないから気持ち良くファーストサーブが打てる。つまり、のせちゃったんだと思う。なので、錦織サーブもアグレッシブなリターンでしたね。
 
2セット目も、2-5までは同じ展開。ただ、センターコートの壁が落下するというアクシデントによる中断で錦織が一気にアグレッシブに変わりましたね。あれで、一気に5-5までいけば面白かったけど、ツォンガもサービスキープして、錦織2セットダウン。
 
ただ、その勢い止まらず3セット、4セットを一気に奪う。これでファイナルセットに。ただ、4セット目のツォンガは完全に死んだフリしましたね。得意のフォアに回り込まず、錦織に好きなようにやらせた。
 
錦織も苦しみながら2セット連取して、さて、というところで、一気に息を吹き返すツォンガ。個人的にツォンガの自己分析力は高いなと思ったのが、3セット目も4セット目も、錦織のサービスをブレイク出来るチャンスがあってできなかった。それが尾を引いて逆にブレイクされる。ツォンガは毎回サーブブレイクを考えて必死だったが、ファイナルセットは、これはいける!と思った時に一気に奪う。奪ったら、自分のサーブゲームだけ集中してたたみかける。これがズバリハマりましたね。ファイナルセットのセカンドのスピン量は明らかに違いましたね。なので、ファーストサーブがまた200キロ台に戻る。エースを取れるサーブをここぞで出す。
 
錦織もファイナルセットに持ち込むのがギリギリ。本当はこのまま行きたかったけど、ツォンガがファイナルセットで、スピン量を増やし、フォアに回り込んでの強打。強打され続けるのは結構守る側もしんどい。
 
ツォンガはゲームを支配してましたね。3セットと4セットはドロップショットを多用し、体力を奪おうとする。したたかですね。いくらプロでも、試合時間が3時間越えるとしんどい。ツォンガ、ベテランの強みをだしましたね。
 
本当、非常に残念ですが、錦織の苦手なグレーコートシーズンもこれで終わり。次は芝生シーズンですね。芝生は滑るのでビックサーバー有利ですが、錦織得意のリターンを炸裂させて、ウィンブルドン優勝してほしい!がんばれ!錦織圭