3月で転職する人

まだ社員二人だけどストックオプションもらって新たに頑張る人

 
大手媒体からニッチ媒体だけど編集長になる人
 
知見を活かして個人事業主でコンサルタントになる人
 
とある社長のスカウトを受け続けてこれを機に新しいポジションにつく人
 
広告代理店からコンサル会社にステージを変えて挑戦する人
 
待遇を下げてでも広告主となり企画から企画を受ける側になる人
 
 
 
毎年色々な方がそれぞれの想いを持って転職されます。そのご報告に寂しくもあり、門出を祝う気持ちと複雑ですが、その想いを聞くのはいつもパワーを頂きます。転職を決めるまで、相当のパワーを使います。僕もメーカー営業からシステムインテグレーター、放送作家、web専業代理店、広告代理店と何度か異業種転職を繰り返しましたが、(代理店はやってることは変わらない、範囲が広がった、かなり広がりました^_^)僕のような全く仕事の繋がりがない転職は相当苦労しました。異業種に転職。そんな本はなかったですね。いや、今もないかと。キャリアを構成する上で間違ってますからね(^.^)でも、コツがあります。異業種転職には。転職してしまえば方法はなんでも良いと思います。その為に色んな準備も必要です。準備とは人の繋がりを広げること。この準備は転職に限らずビジネスシーンや趣味の場でも有効です。当たり前か。これを広げる方法はマメさが重要です。あと、繋がる相手を極論選ばないことです。もちろん、明らかにいかがわしい人は別ですが、少し苦手かもと思う人も、繋がっていると意外な共通点が見出せ、仲良くなって飲みに行ったり同じ趣味で遊んだり、良いビジネスパートナーになったり、転職に協力してくれたり様々です。異業種転職は簡単じゃないです。自分かその業種を選ぶための着眼点も必要です。放送作家時代に色んな業種をみる時期があったのですが、そのようなアンテナをはる仕事をしていて非常に良かった時代もありました。今は情報が簡単に取れますが、簡単で読みやすい内容に特化しているので、ブログなど個人の意見を中心に、一時判断する必要があります。あくまで一時判断です。面接を試してみて、業界の人はどんな人か、どんな環境か、できるだけ多くの人と会って試すことを進めます。あと、業界人で有名な人を知って、その人の発言わ見続けることも大切です。それも、転職のキッカケです。とはいえ、そんなにアクティブに動けないですけどね。(^.^)
 
タイトルから大きく脱線しましたが、3月は転職が多い。別れと出会い。4月が楽しみですね。
広告を非表示にする