読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

攻撃は個人技 守備は組織力

雑談

サッカーの攻撃は個人技からの得点が多いと思う。

ミドルシュート、個人の突破からのフリーな人へパス、裏からの飛び出し。。。

フォーメーションはチーム個人個人の特徴を平均的に当てはめたもの

もしくは、戦術からそれに合った選手の起用だと思いますが、あくまでもツール

ある程度秀でた個人の能力に依存しないと、成立しないと思う。

 

サッカー守備は、ゾーンプレスや数人で相手を囲うなど、組織だったフォーメーションが

生きる組織力ではないかと思います。ちなみに、日本はこの組織力が強いから

守備中心のチームであることが、日本代表が強くなるポイントだとも思います。

 

 

格闘技も攻撃は正直センス。防御(守備)はコーチ含め相手の得意技を防ぐ研究

その練習を積んで体に覚えさせること、個人技じゃなく反射で対応する。

攻撃も当然コーチの指導があるけど、相手も研究しているので簡単に突破出来ない。

隙を見て攻撃をするのは、個人発でやはり個人技。

 

 

仕事でもプレに勝つときは、強い個人のアイディア

リプレースされないためには、全員で守るために様々なサービスをする

 

 

やっぱ、守備ばかりしててもつまらないですね。攻撃しないとね!

広告を非表示にする