広告

ピクトグラム

1964年東京五輪の時にこのようなマークが使われるようになり、かつ日本のクリエイターが著作権フリーにしたので、ここから一気に世界に広まったようです。

360度動画 キャンペーン一覧

[Clash of Clans 360: Experience a Virtual Reality Raid] ゲーム動画を 360 度から楽しめます。 https://youtu.be/wczdECcwRw0 [予告犯360° - 真実を見抜けるか?|find the truth 360 degree trick movie .] 「予告犯」という映画&ドラマのプロモーショ…

日本カラーデザイン研究所

日本カラーデザイン研究所 http://www.ncd-ri.co.jp/ 色にはそれぞれ意味があります、赤は強調、熱、怒り、みたく その色を使うことで、同じ表現でも伝わり方が違うようです。 イメージスケール http://www.ncd-ri.co.jp/about/image_system.html ここにある…

カンヌの事例 アメリカンエキスプレス

時間があればカンヌの事例が面白くて見ているのですが、おはずかしながら、アメリカンエキスプレス「Small Business Gets An Official Day」は知りませんでした(汗)これは、アメリカの小規模店舗が大型チェーン店と不況によって閉店に追い込まれる店舗が少…

人気のある動画について

基本的に動画は男性に人気がある、例えば https://www.youtube.com/watch?v=qHFr1_md3Ok https://www.youtube.com/watch?v=jGFWEoCGhi8 https://www.youtube.com/watch?v=0BGAxyK9Rog https://www.youtube.com/watch?v=lkaIoH6Um60 という動画は、男性目線で…

久しぶりに、エッと思う広告

http://mobile.suntory.co.jp/softdrink/drop/?fromid=pc_to_mobile トレインチャンネルでこの動画を見て、このサイトに行き着くまで、10分以上かかりました。パッとこの動画を見て、商品名もサービスも何も頭に残らず、結局、もう一度動画が再生されるのを…

インターネット広告費が1兆円、その内運用型広告費が半分!広告制作の伸びは鈍化

運用型だけで5,016億円いきましたねー。やはり、売上のベースは運用型になるんでしょうねー。 http://www.dentsu.co.jp/news/release/2015/0224-003977.html 広告制作費は鈍化かーweb動画とかドンドン安くなったから、仕方なしかな。もっと投下して面白いサ…

アイディアをひねり出してみる

広告の仕事をしていると、常に新しいことを求められるような気がします。 アイディアをひねり出すことは、僕にとってライフワークかもしれません。この仕事を始めた時、アイディアなんて何もひねり出すことができませんでした。その時にやったことが、とにか…

CGMとソーシャルメディア

過去のフォルダに、ソーシャルメディアを使ったBuzzマーケティングを実施した資料が出てきました。 なつかしいながら資料を見ていると、「CGM」という言葉を結構使っていたことに驚いた。自分では、いまや「CGM」という言葉を使うことがなく、なんとなく「CG…

オンライン広告の全体最適化 キーは「仮説の質」と「分析力」

久々にオンライン広告の全体最適化を考える機会を頂いております。 今まではアドネットワークやらリスティング広告のツール単体の深堀でした。特にリスティング広告など、一つのチャネルに絞って物事を考えるとエキスパート色が強くなり、オンライン全体施策…

「広告2.0」に疑問符

ベムさんが「広告2.0」に触れていましたので、以下引用します。 URL : http://g-yokai.com/2010/03/20-1.php ※ベムさんからの引用(はじめ)※ ソーシャルメディア・ドットコムに掲載されたAds 2.0の定義が面白い。どうやらIABのアニュアルミーティングのパ…

セシールのCM後のフランス語って何といってるの?

「♪セシ~ル…」"Il offre sa confiance et son amour." (イ・ロッフル・サ・コンフャン・セ・ソナムール)と静かに低音で話す男性の声を流していた。これは日本語で「愛と信頼をお届けする」という意味。CM全国放映開始後、最後のフランス語のセリフについ…

センセイのブランディング

センセイの言うことなら。。 景気後退で商品の売れ行きが鈍るなか、幼稚園や病院の「センセイ」を通じて商品やブランドを売り込むマーケティング手法が広がってきています。節約志向で買い物に失敗したくない消費者は判断に迷い、身近な権威にすがる傾向が強まっ…